1月2021

楽しかったね♪お楽しみ会

今日は、幼稚園、後援会共催のお楽しみ会がありました。かもいようちえんでは子ども達に様々な文化や芸術・芸能に触れて欲しいとの願いから様々なジャンルのお楽しみ会を企画しています。今年度は1学期、2学期のお楽しみ会が経験出来なかった子ども達。この日をとても楽しみにしていました。今回はボーネルンドさんの『play bus』です!登園時、ホールの様子が気になり、覗き込んでいる子も(^.^)

最初は年中組さん。プレイリーダーさんからお話を聞き早速、遊びがスタート!なが~いトランポリン、ボールプール、ソフトブロック、サイバーホイールの4つの遊具。みんなそれぞれ好きな場所へ行き、楽しんでいた子ども達です(*^-^*)

年中さんの一番人気はトランポリン!慣れてくると様々なジャンプを試していました。バク転風?なジャンプを見せてくれた子も・・・(*^-^*)1時間があっという間で「もっと遊びたい!」と言っていた子どもたちでした。

次は年長組さん。ホールに入ると早く遊びたくてうずうずしている様子(^.^)プレイリーダーさんとのあいさつも元気いっぱいでした。

「先生、こんなの出来る?」と脚を開いてトランポリンでジャンプしたり、自分達なりに技を考え、楽しんでいました。プレイリーダーのお姉さんとも仲良くなり、トランポリンの上で『だるまさんがころんだ』を楽しんでいる子も♪サイバーホイールも人気で、中に入り回してもらったり、トンネルくぐりをしたり・・・ 笑顔がいっぱいの子どもたちでした。

最後は年少組さん。にっこにこの笑顔でホールに入ってきました。年少組さんもプレイリーダーのお姉さんのお話を聞き、遊びがスタート!  

「ぜ~んぶ遊びたい!」そんな思いがあふれていた子ども達(^.^)色々な場所に移動し、楽しんでいました。「もっと遊びたい!」「明日も遊びたい!」と名残惜しそうにしている子も・・・

子ども達だけでなく、もちろん先生たちも思いっきり楽しみました!そして今回は、幼稚園の子ども達だけでなく、お隣の鴨居小学校さんにもお声をかけさせて頂き、低学年の児童さんも遊びにきてくれました。

きっとお家で今日の楽しかった事をお話してくれている事でしょう。楽しい一日を過ごす事が出来ましたね。次回の更新もお楽しみにしてください。

【年長組】カルタとり大会

お正月遊びの締めくくり、今日は年長組のカルタとり大会が行われました。遊びを通して日本人としてのアイデンティティを深めてほしい。同時に、よい意味での競い合いや頑張りの気持ちを深めてほしいと願っています。
年長組では、カルタとり大会を通して文字への興味や関心、豊かな感覚を育んでいます。『生活の中にある文字』を楽しみながら学んでいます。
とても盛り上がったカルタとり大会です。お子さんの話を聞きながらお楽しみください。

今日は全2回戦が行われました。一回戦目は、濁音などを抜いたひらがな46枚での勝負。そして2回戦は、濁音と半濁音の25枚の勝負。1回戦の獲得枚数をもとに2回戦目のグループが決められています。

時に真剣に時には笑顔もみられるカルタとり。頑張りの気持ちと共に、仲間の頑張りを認められる姿がたくさんありました。

一回戦目の表彰式。1位の枚数は、23枚(46枚中)でした。2位は22枚、3位が20枚という結果でした。
よく頑張りましたね。

続いて2回戦目の表彰式。1位は16枚(25枚中)2位は15枚、3位は12枚でした。なかなかの接戦ですね。
一緒に頑張った仲間から、たくさんの拍手が送られました。

お正月遊びもひと段落ですが、まだまだお正月遊びのブームは冷めそうもありません。季節の変化を感じながら、新たな活動へも目を向けていけることでしょう。
カルタとりもまだまだ楽しんでいきたいと思います。チャンスがありましたらおうちでもチャレンジを。年長さんはなかなか手ごわいですよ。
次回の更新もお楽しみにしてください。

挑戦!お正月遊び!! 

3学期が始まって1週間。幼稚園のあちらこちらで繰り広げられているお正月遊びの様子をお伝えします。今年は保護者の皆様にご参加いただけないのは大変残念ですが、お子様からのお話や個人ノートと合わせてご覧いただき、お楽しみください。

かもいようちえんでは、日本に古くから伝わる伝承遊びを大切にしています。その遊びには、子どもが育っていくために必要な器用さや巧緻性、言葉などが自然に身につくようにうまく組み込まれています。子どもたちはこの時期、『お正月遊び』としてそれらを経験しています。

1番人気は羽根つき!糸につながった『修行の羽根』なら小さい組のお友だちも羽根をつく感覚を味わうことができます。(数年前に先生たちが考案しました(^_-)-☆)お友だちや先生たちと向かい合ってカーンカーンと良い音を響かせている年長さんもいます。

大きい組さんのまねをしながらたんぽぽさんやたんぽぽBさんも挑戦中!

こま回しも大人気!先生たちも真剣です。だからこそ「先生に勝った!」という嬉しさは格別のようです。

ひもを巻くのが難しいですが、これがうまく回す秘訣。頑張っています。

たんぽぽBさんとたんぽぽさんにも自分でひもを巻いて回すことができるようになったお友だちがいます。それを知った年長さんが、翌日一生懸命に取り組む姿が…。小さい組さんから刺激を受け「よ~し!がんばるぞ!」とやる気に燃えていました。

ホールやお部屋ではカルタやトランプ、けん玉にも挑戦しています。遊びながらルールを知ったり、数や文字への関心が高まっていきます。

お正月遊びはこれからも子どもたちの間で伝承されていくことでしょう。「むずかしい」と感じてもあきらめずに続け、新しい技を習得しながら活動を深めていきたいと思います。お子様から「できたよ!」の声が届くのも、もうすぐかもしれませんね。お楽しみに…。

2021 鴨居八幡神社 齊燈

 齋燈(どんと焼きとも言われています)は、毎年1月15日無病息災と家内安全を願って行われています。古いお札やお守り、お正月飾りなどを神社前の浜にてお焚きあげする神事です。
かもいようちえんでは 幼児期から日本伝統の文化的行事に触れていくことを大切に考えているため、 毎年家から持ってきたお正月飾りを納めに行く経験をしています。
 1月14日、かもいようちえんのみんなで一緒に浜へ行きました。

「バスで見るよりも大きい!」登降園の際バスから見ていたお友達もその大きさにびっくりしている姿が…。「これ(齋燈の山)を燃やすと(お正月飾りやお守りが)神様の所に帰るんだよ」と年長組のMくん。日本の伝統文化に興味関心を持ち、調べてきてくれたこと嬉しく思いました(^^♪
「よろしくお願いします」「元気に過ごせますように…」と手を合わせてお願いし、納めていた子ども達でした。

翌日(1月15日)齋燈が行われました。朝8時に点火の為、点火前に幼稚園のみんなで見学に行くことはできませんでしたが、登園前におうちの人と一緒に見学してくれる方も多く嬉しく思いました。

8時ちょうど。鴨居八幡神社神主さんのお祓い後、氏子会の皆さんの手で点火が行われました。一気に燃え上がり…。火の暖かさを感じ、炎に見惚れるひと時でした。

 “実際に見てほしい、感じてほしい”という先生たちの想いから、登園したバスコースごと浜に向かい、見学しました。
「すごい!火が!!」「あったか~い!」火の暖かさ、迫力を感じたり…。
「大きいお山なくなってる!」昨日との違いに気づいたり…。様々な事を感じていた子どもたちです。
 氏子会の皆さんが声をかけてくれ、齋燈のことなどを教えてくれました。地域の皆さんとの触れ合い、文化との触れ合いが楽しいひと時でした。
 登園の時間上、直接見ることのできないお友達もいましたが、写真を見たりクラスの仲間から話を聞いたりとその時の雰囲気、情景を知り感じることが出来ました。


かもいようちえんの子ども達、関わって下さる皆さんにとって、健康でステキな一年になりますように…。

鴨居中学校のお兄さん・お姉さん『ありがとう!』

2020年末のKamoi Daysでも紹介した鴨居中学校の皆さんから頂いたクリスマスカードが14:00降園初日に子ども達に届きました。
枚数の都合で年長組と年中組は一枚ずつ。年少さんはクラスみんなでカードをもらうことになりました。
並べられたカードはどれも素敵で『こっちもいいけどこっちも…』かなり迷っていた子ども達でした。
一つ一つカードを広げ、メッセージを読むお友達も沢山いました。
カードを作ってくれた皆さんに『ありがとう』の気持ちが届くといいなぁと思い公開させていただきます。

お兄さん、お姉さんに会えたらなんて言いたい?の言葉に…
『ありがとう!』『絵が上手ですごいと思った』
『かわいいカードでびっくりした!』
『中学生すごいって思った』等などの声が…。

皆さんから気持ちは、しっかりと子ども達の心の届いたようです。
今度は、幼稚園のみんなの気持ちがお兄さんお姉さんに届きますように…。
『おにいさん・おねえさんありがとう』