保育日記(全学年)

お楽しみ会を楽しみました♪

R6年7月11日(木)『聞かせ屋。けいたろう』さんが幼稚園のみんなに絵本を読み聞かせてくれるお楽しみ会がありました。。年少・たんぽぽ組、年中・年長組に分かれてお話を聞きました。年少組の時は何が始まるんだろうと子ども達は興味津々!初めにけいたろうさんがリズムをとり歌をうたいながら幸せなら手をたたこう♪こんにちは♪の絵本を読んでくれました。リズミカルなテンポに合わせ子ども達もノリノリでした(^^♪途中で著作『どうぶつしんちょうそくてい』が始まると子ども達は話に夢中になり、どうぶつのしんちょうはどのくらいかな?など絵を見て楽しんでいました。そんな子ども達の様子をご覧ください。

最後に『たっちだいすき』の絵本にたっちをして子ども達も嬉しそうでした。(年少組)

年中・年長組では1回目(年少組)と同じ絵本を見たり著作『どうぶつたいじゅうそくてい』の話を聞き、動物で一番重いのは?何キログラム?など子ども達にクイズを出しながら話が進んでいきました。ウクレレに合わせて手拍子したり「おばけなんてないさ」の歌も子ども達は知ってる歌だったので盛り上がっていました。ウクレレの音に合わせ子ども達はもちろん!保護者の方や先生達も一緒に楽しみました。他の話の中では『ぼくんちのカレーライス』の時は「たべたくなっちゃたー」と言う声があったり特に人気だったのは著作『ようかいサッカー』でした。

最後に保護者の方にも絵本を読んでいただき、聞かせ屋。けいたろうさんからお家で「絵本を読んで」と言われた時は『読んであげてください』なぜなら『ふれあいのきっかけになる』とのことでした。小さいときに読んでもらった絵本の記憶は大人になっても心のどこかで残っているではとのことでした。

ようちえんの子ども達・参観された保護者の皆様と楽しい時間を過ごせて嬉しかったです。ぜひお家でも絵本を読んで見てはいかがでしょうか(*^-^*)

次回の更新をおたのしみに♪

七夕の集い2024

今週末の日曜日は七夕。行事というと運動会や発表会、作品展といった大きなものをイメージされることが多いと思いますが、かもいようちえんは伝統文化や文化的な習わしを大切にしたいとの思いから小さな集まりや行事も大切にしています。七夕もその一つ。もともとは中国に起源があると言われており、日本にその文化が伝わり継承されてきた始まりは奈良時代と言われています。
それはさておき、まずはその楽しみを大切に七夕の集いの始まりです。

今年の七夕はホールで『たなばた』の紙芝居が上演されます。しかしホールに入るにはチケットが必要です。そのチケットはいったいどこに…。実は昨年も同じ方法をとったのですが、一人の先生がチケットをもって園内をウロウロその先生を見つけて、声をかけるとチケットがもらえる仕組みです。子ども達の『口コミ』が力を発揮します。
まずはヒントに、年少さんの男の子Kくんに声をかけ、チケットをプレゼント。さぁKくんからうわさは広がっていくのでしょうか?

Kくんがお友達や先生に「これもらったー!」と嬉しそうに園内を歩き回ると、年長さんはすぐに気が付き「D先生がチケット持ってるみたい!」と…。そのうわさはどんどん広がりチケットをもらう列と、チケットをもらったお友達がホールの入り口に並ぶ列が伸びていきます。約30分でほぼすべてのお友達がチケットを手に入れました。さすが縦のつながりも横のつながりも強いかもいようちえんのお友達!

「みなさんおまたせしました!これから七夕のお話が始まりまーす」待っていたみんなに声をかけるとみんなニコニコ…。入り口でチケットを渡して会場へ入ります。

いよいよ七夕のお話が始まりました。浴衣姿のT先生が物語をお話ししてくれました。いつもと違う雰囲気にみんなの目は真剣そのものでした。

お話が終わり、みんなで七夕の歌を歌い公演は終了です。みんなの心に七夕の物語が届いたことを願っています。公演は入れ替え制で2回行われました。

公演後T先生が各クラスに『ありがとうございましたーおはなしどうでしたか?』とクラスを回りました(^^♪
その感想は?お子さんに聞いてみてくださいね。

今年の七夕は日曜日です。お空の雲が晴れ、きれいな星空になることを願っています。
次回の更新もどうぞお楽しみに。

みんなで七夕かざりを作りました☆

7月になり、今週は幼稚園のお友だちみんなで七夕飾り作りをしました。季節の行事に触れ、制作を楽しんだ子どもたちの様子をお伝えします。
初日の7月1日は星かざり、〇△▢のつなぎ、スイカかざり、貝つなぎを4つのお部屋に分かれて制作しました。お部屋で「どんな飾り」「どこのお部屋」などのお話を聞き、作りたい飾りを選び自分でお部屋に移動しました。(小さい組さんは初めての経験ですが、大きい組さんに教えてもらいながらお部屋に入っていく姿が見られました)『自分で決める』『自分から行動する』など、主体的に活動することはかもいようちえんが大切にしていることの一つです。

【星かざり】キラキラのテープが大人気☆星からセロテープがはみ出さないように長さを調節していました。

【〇△▢のつなぎ】曲がらないように真っ直ぐつないでいくのがポイントです。色の組み合わせや重ね具合を考えて作りました。

【スイカのかざり】見てわかりやすいスイカのかざり、お部屋はいつも満員でした。種を描いて本物らしく♪

【貝つなぎ】ハサミで切込みを入れ、斜めに貼り合わせる高難度のかざりです。年長年中組さんは最後まで自分で頑張っていました。小さいお友だちは好きな色の折り紙を選び、年長さんや先生に手伝ってもらいながら作りました。

2日目からは自由保育の1コーナーとして続けて活動しました。段々とコツをつかみ、きれいな仕上がりに満足そうな大きい組さん☺毎日毎日続けて活動し、10個以上の飾りができあがった小さい組さんもいました。

この七夕飾りは学年として取り組んだものや短冊と合わせ、笹と一緒に持ち帰ります。ぜひご家庭で飾り付けをして七夕の夜をお楽しみください。次回更新もどうぞお楽しみに♫

プール掃除2024

 自分たちのプールは自分たちできれいにしたい!それがかもいようちえんの子どもたち。プール開きがもうすぐだという事を知っている年長さんは「いつにしよう?」「明日は?」等と昨年の経験を思い出し相談をしていました。雨やほこりからくる一年間の汚れ…。「雑巾で拭けばいいかな。」「ブラシも使おうよ。」「バケツも必要じゃない。」と掃除の仕方を考えながら幼稚園中を探し回り道具を集めていました。

仲間がいないとお掃除が終わらないね。と年中さんも誘ってみんなでお掃除開始~!

まずは汚いプールの水をかきだして雑巾を絞って拭きあげて、ブラシやタワシでごしごし力を入れてこすりました!年長さんはプールの中を、年中さんはプールの周りをきれいにしていきました。最後の仕上げは年長さんの雑巾がけレース!年中さんからの熱い応援で最後までがんばりました。年中さんは一足先にお弁当を食べに戻って行きました。

そして、最後のお楽しみは・・・(^^♪

子どもたちの手で行われたプール掃除。大変なことも一つ一つ自分たちで体験、経験することが、その後の活動の大きな育ちに繋がると考えています。きれいになったプールで遊ぶ日ももうすぐです。今年も沢山プール活動を楽しみたいですね(*^-^*)次回の更新もお楽しみに♪

【年少組・さくらんぼ組】フィンガーペインティング♪

とてもお天気が良かった6月11日、もも組さんとさくらんぼ組さんのみんなでフィンガーペインティングを行いました。フィンガーペインティングは小麦粉でとろみをつけた絵の具の感触を味わい、手や指を使って色を混ぜたり絵を描いたりして楽しみます。

前日に水と小麦粉を混ぜ合わせて準備をしました。大きくて重い容器なので振るのも大変でしたが「なにができるのかなー?」と興味深々!頑張ってくれました♪

お部屋でお話を聞き、ウッドデッキに集まり、いざ裸足で園庭へ!どろんこ遊びやえのぐ遊びで経験しているので裸足で園庭に出ることに慣れてきたもも組さんに対し、初めて裸足で園庭に出たさくらんぼさん。冷たくてチクチクしていて少し苦手そうな顔をしていた子も、もも組さんに連れられてだんだんと慣れていきました(^^) 「何色かな?」「あか!」と先生に絵の具を見せてもらい好きな机に移動したら、いよいよフィンガーペインティングスタートです!机にとろとろの絵の具を垂らすとと「わ~!」と歓声を上げ喜んでいました。ゆっくりと机に広がる絵の具をすぐに触って感触を楽しむ子やしばらく観察していている子などそれぞれの関わり方で絵の具と触れ合いました。遊んでいるうちに「お餅のにおいがする!」とにおいに気が付いたお友だちもいました(#^^#)

用意していただいたどろんこ服に着替えるのが上手になってきたもも組さん。脱いだ服をたたんで重ねて引き出しに入れて…と手順が分かるお友だちも増えてきました。さくらんぼさんも嫌がらずに着替えることが出来ました。小さな成長を嬉しく思います(^^) 手が汚れることが苦手なお友だちもいますが、みんなで遊ぶ楽しさは十分感じてくれたことと思います。これからもみんなで楽しく、色々なことにチャレンジしていきましょうね(^^♪ 次回の更新もお楽しみに!