mite miteが新しくなりました。

新しくなった日吉幼稚園ブログ「mite mite」は、スマートフォンの画面サイズでも最適に表示されます。

これからもよろしくお願いいたします。

1月の様子 ①

雪が降る日も多く、寒さが厳しくなってきましたね。それでも元気いっぱいな子どもたちの様子をお知らせします。

1月はホールで音楽練習が行われるため、

戸外で体育遊びをしています。

この期間はどの学年も自由参加ですよ。

年少の子どもたちははじめてのサーキットあそび。

「ちょっと怖いな…」と言いつつも、先生や年長・年中のお友だちに手を借りながら取り組む姿がありました。

年中・年長の子どもたちは普段から体育あそびを行っているので、

「こんなの簡単!簡単!」

でも年少の子どももいることを考えながら、その子のペースに合わせてスピードを落として進んでいました。

『よしもっく』ではコーナーが増えて、くぎ抜きをしたり、自分でのこぎりを使って木材を切る体験ができます。「足は広げて!まっすぐ持って切っていくといいよ。」と丁寧に教えてもらい、上手に出来ていました。切った木片でオリジナルのサイコロづくり☆「やっとできた~!」と嬉しそうに持ち帰っていました。

先日、幼稚園の園庭で『どんと焼き』を行いました!

子どもたちは「えっ!?なんで燃やしちゃうんだよー!!!」とびっくり。「こうして燃やして、みんなの新しい一年が元気に過ごせるようにお願いするんだよ」と伝えると手を合わせる姿もありました。

この日もたくさん雪が舞って寒い日だったので、

どんと焼きの火に手を伸ばし

「あったか~い」と暖をとっていましたよ。

3学期始業式

あけましておめでとうございます。お正月はどのようにお過ごしだったでしょうか?

本年もどうぞよろしくお願い致します。

雪が少し降り朝から凍える寒さでしたが、子どもたちの元気な声がまた戻ってきました!

まずは園長先生と新年のご挨拶!

終業式に練習したので上手にできていました。

「お家でも出来たよ!」「お父さんたち驚いてた!」と話す姿も

ありました。

今回も3部制に分かれて行い、みんなで♪たきびを歌って気持ちもほっこり。

まずは音楽会に向けて取り組んでいきますが、友だちと助け合いながら楽しむことも大切にしていきます。

年長さんはお年玉にもらった「鉄心ごま」で遊んでいます。

ひもの巻き方もまだ難しい子どももいますが、何度もチャレンジする様子が見られます。どうしたら上手く巻けるか?どうしたら上手くまわせるようになるか?遊びの中で考えたり工夫したり・・・そして友だちに教えてもらったり教えてあげたり・・・というところが出てきます。

日々、子どもたちの学びや成長が見られます。

3学期は締めくくりの時期!子どもたちの成長をまた少しずつお伝えしたいと思います。

2学期終業式

あっという間に2学期も最後となり、3部制に分かれて終業式を行いました。

園長先生から「冬休みの過ごし方」についてお話を聞いたり、新年の挨拶の仕方をみんなでお稽古しました。

(門松は園長先生作です☆)

みんな上手に出来ていましたよー!お家でもできるかな?

こまは幼稚園からの「お年玉」です。学年によって難易度が違います。冬休みの間にたくさん遊んでね♪

冬休みも寒さに負けずにしっかり遊んで、また元気な顔を見せて下さいね!3学期も待っています。

今年もありがとうございました。皆さま、よいお年を。。。

クリスマス会

子どもたちが待ちに待ったこの日がやってきました!!!

今年は2部制に分かれて、らびっとホールでクリスマス会を行うことができました。

サンタさんが来るのを待っている間、”園長先生サンタ”が登場!!!クリスマスのお話を聞きました。

先生たちと「クリスマス」の手あそびもして遊びましたよー♪

ホールの明かりを消すと…

ツリーや飾りが照らされてキラキラ☆

そして鈴の音が聞こえてきて…

サンタさんの登場!!!

子どもたちは「キャー!本物だー!」と大興奮でした。

子どもたちからサンタさんに質問したり、プレゼントの中身を見せてもらったり楽しい時間を過ごしました。

プレゼントのお礼にみんなで歌のプレゼントもしましたよ!

子どもたちの歌に合わせて

サンタさんと園長先生も舞台の上で

ダンスを見せてくれました♪

今日の給食にはケーキも一緒に頂きました。子どもたちは「うわーお子様ランチみたい」と大皿に盛られた給食を見て喜んで食べていましたよ。とっても楽しい日になりましたね~!

日吉会

日吉幼稚園を卒園した小学1~3年生の同窓会「日吉会」が行われました。

昨年はコロナの影響で開催する事ができませんでしたが、今年度は無事に日吉会を開催することができました。

日吉会当日は冷え込みが厳しかったのですが、受付で園長先生が焚火を用意し、皆で暖を取りました。

受付の場で、久しぶりに会ったお友だちに「○○くん、会いたかった~」「久しぶり!!」と再会を喜びあう姿がありました。

その後、子どもたちは担当の先生と各クラスに移動しました。

幼稚園の中に入った子どもたちは

「うわ~久しぶり!」「幼稚園何にも変わってないな~」と懐かしむ姿があり、

育休中・退職された先生方と再会できたことも、とっても嬉しそうでした。

各クラスに入り、話をするため椅子に座ると、「いすちっちゃ~」「全部小さい」と驚く声も聞こえました。

輪になって座ったのですが、久しぶりに会うクラスメイトに少し緊張した面持ちの子どももいれば、嬉しさが表情や振る舞いに表れている子どもなど…姿はそれぞれでした。

各クラスで少しだけ話をした後は、園庭へ遊びに行きました。

固定遊具や三輪車を懐かしみながらも思いっきり遊ぶ子どもたち。

先生たちと鬼ごっこをしている輪に「入れて~」とクラス関係なく交流する場面も見られました。

走るスピードが速くなっていて、追いつけない程度でした。さすがです!

「大縄したい!」「竹馬したい!」と幼稚園の時に遊んでいた遊びを思い出したのか、今してみたい気持ちから

楽しむ姿がありました。

竹馬を少し練習すれば乗りこなす姿もあり、感心しました。

砂場では3年生のお友だちの本気の山づくりが始まり、短時間で大きな山が出来上がっていました。

また、幼稚園のみんながよじ登るような大木を、走ってきてジャンプで飛び越す遊びも始まり、見ているこちらがヒヤヒヤしました。

みんなで焼き芋も食べました。

「給食のときにも食べてたよね?」「思い出したわ!」と幼稚園の記憶を思い出し食べる姿、

「おいし~」「おかわり!」と美味しさを嚙みしめる姿などがありました。

「もう帰るん?」「もっと遊びたい!」と帰ることを寂しがる声も聞こえましたが、

「またな!」といつか会えることに期待を持ち笑顔で帰っていきました。

3年生にとっては最後の日吉会となりましたが、いつかみんなと会える日を職員一同心待ちにしています。

またいつでも遊びに来てね!元気でね!!

おもちつき

本格的に冬らしい気候になってきましたね。

朝はあいにくの雨でしたが、お餅つきが始まる頃には雨がやみ、園庭でお餅つきが始まりました。

去年度はお父様方にお手伝いして頂くことはできなかったのですが

今年はクラスからお父様が募って下さり、お手伝いしてくださいました。

まずは会長さんから、お父さんたちに「おもちつきを楽しみましょう!!」という挨拶がありました。

いよいよお餅つき開始です!

まずは蒸したもち米を食べてみました。

子どもたちの口の中で

「お餅になった!」「お餅になる前になくなっちゃった…」「なんかあま~い」と感じたことは

それぞれですが、“もち米”から“お餅”に変わっていく様子を味わいました。

その後お父さんたちが力強く餅をつき始め、子どもたちは興味津々で見入っていました。

お父さんたちがもち米を潰してくれたところで、年長さんたちの出番です!!

さすが、年長さん!

杵は少し重たいようでしたが、

力を振り絞り持ち上げ、また先生に手伝ってもらい一緒につく姿もありました。

「1!2!3!4!5!」と見ていたお友だちの声とともに5回振り上げ、力強くお餅をついていました!!!

年長さんや、お父さんたちがついてくれている時に

「が~んばれ!」「が~んばれ!」と応援エールを伝える子どももいましたよ。

いつか年長さんになったら僕たち・私たちもお持ちをつけるんだ!と期待を持って見ているようでした。

みんなの応援もあり

柔らかくておいしそうなお餅が

出来上がり、「うわ~!」と子どもたちの歓声があがっていました。

続いて、出来たお餅を、お父さんたちに食べやすい大きさに切ってもらいました。

「もう食べれるの?」と食べたい気持ちが全面的に出ていました。

切ってもらったお餅は給食室で、おいしい“ きな粉餅 ”になりました。

そして給食の時間に頂きました。

「よく噛んでゆっくり食べようね!」と先生たちに伝えてもらい

「いただきます!」とお餅にかぶりつく子どもたち。

「やわらか~い」「おいしい~い!」と味わって食べていました。

「おかわりしたよ!」と大満足の子どもたちでした。

無くなるのがもったいなく感じたのか少しずつ・少しずつ噛みしめて食べている子どもたちもいたようです。

お餅つき後の外あそびでは

あらゆる箇所で「ぺったん!ぺったん!」と

お餅つきごっこが行われていました。

年少・年中さんは今日のお餅つきで刺激をたくさん受け「お餅つきをしてみたい!」とすぐ真似をする姿が見えました。してみたいことをすぐ実践できる子どもたちはすごいですね!

もちろん園長先生も餅つきを楽しんでいましたよ!

ふゆまつり

いよいよ今年も残り1カ月となりました。12月はたくさんの楽しい行事があります!

『ふゆまつり』は毎年父母の会の方たちが開催してくださっている

『こどもまつり(ひよしフェスティバル)』に変わる園主催の行事です。3日間に分けて行いました。

園庭のあちらこちらに屋台やあそびコーナーが広げられ登園してきた子どもたちは「なになに~?!」と注目☆

1日目は「わたがし」「ボーリング」「つなひき」。

「”わたがし”って何でできているでしょう?」

「うーん…砂糖?」「正解!”ザラメ”と言うんだよ!」

「こんなに大きくなりました!!!」

目の前で”わたがし”が出来ていくところを見れて、子どもたちの目はキラキラしていましたよー!

つなひきもボーリングも大盛り上がり!つなひきは、その日のまつりが終わってからも園庭に綱が用意されていたので他クラス同士で一緒になって遊ぶ姿も見られました。

2日目は「ポップコーン」「金魚すくい」「プラバン作り」。

ポップコーンの匂いが園庭に広がり…

出来たての甘~いポップコーンをいただきました。「とうもろこしで出来てるんだって!」「えー知らんかった!」とポップコーンの正体にびっくりする子どもたちでした。

「金魚すくい」はペットボトルのキャップで出来た可愛らしい金魚たち!「いっぱい獲れたー!」「○○くん上手だね!」とこちらも盛り上がりました!

そして私たち職員にとっては懐かしの「プラバン作り」。

プラバンシートに絵を描いてトースターで温めると小さく固まります。温められる様子をじーっと覗く子どもたち♪

不思議な工程に興味津々でした!!!素敵なプラバン出来上がったかな?!

3日目は「ポン菓子」「わなげ」「巨大迷路」。

ポン菓子は「ポン太」さんに来ていただき、こちらも実際に作られる様子を目の前で見ることができました。

大きな音にびっくりしてしまうので、みんなでカウントダウンをしました。「5・4……1!ボン!!!」

ドキドキしながら煙の先を見つめていると、たくさんのポン菓子が作られていました。たくさん食べれて大満足☆

輪投げは「こんなの簡単~♪」と余裕の子どもたち。

友だち同士で「私は2つ入ったよ!」などと比べていました。

巨大迷路は【かんたんコース】と【むずかしいコース】があり何度も入ってはグルグル回って迷う姿がありました。

「これ先生たちで作ったの?!」「難しすぎー!やっと出れたよ~。。。」と笑いながら出てきていましたよ!

3日間にわたって行われた「ふゆまつり」。

子どもたちに話を聞くと「楽しかったー!」「もっと遊びたい!!!」と喜んでいました☆

まだ色々と制限が多い中ですが、子どもたちと楽しめる行事が出来て良かったと思います。

11月の様子②

朝・晩の寒さも深まりより一層園庭の木々の紅葉が進みました。

かえでやもみじの赤色が色鮮やかに色づきました。

木々が紅葉した後は葉が落ちてきます

その色とりどりの葉をみんなは宝物のように

拾い集める姿があります。

子どもたちは毎日、「きなもこ(うさぎの名前)かわいい~」ときなもこ(うさぎの名前)を撫でにきてくれます。「優しく触らないとあかんで!」「今眠たそう」など“きなもこ”のことを考えて接してくれる子どもたちの優しさにほっこりします。

お部屋では各学年「造形活動」を楽しむ姿があります。

ご家庭から持ってきて頂いた廃材で主に作ります。

年少さんは身近な「ケーキ」を題材に箱やカップなどを使いオリジナルケーキを作ります。

絵の具ボンドでクリームがけはもちろん、紙粘土で作ったいちごやチョコに見立てたどんぐり…など担任があらゆる素材を用意し、トッピングも行います。

年少の間に沢山の素材に触れせるように環境を整えます。

年中さんは大きなテーマは「動物」です。

各クラスで「ライオン」「ワニ」など子どもたちと「何の動物がいるかな?」と

話し合いをし、出てきた動物の中から1つに絞ります。

動物が決まったら、その動物の写真や絵本を用意し、子どもたちがイメージしやすいようにします。

担任は足・しっぽ・耳・顔…などに使えそうな廃材をそのまま・加工し用意します。

ただ用意したものを使うのではなく、子どもたちが加工できるよう、ハサミで切ったりねじったりできるようなトイレットペーパーや紙皿・モールや新聞紙・アルミホイルなども用意します。

ここが顔でここが足…と自分のイメージを形にしている段階です。

年長さんは「水族館」「海の生き物」「動物」「昆虫」など大きなテーマを持ちます。

各学年その大きいテーマを話し合いで決めます。

話し合いの中には多数決やじゃんけんなどの決め方の他に、「一本足の対決」や線から線まで「グー跳び対決」

「グループでプレゼン」などおもしろい決め方も出たようです。

大きなテーマが決まった後は、個々で何を作るか調べます。

個々で作るものが違うので、このイメージを膨らませる期間を大事にしています。

画用紙などにデッサンしながら「トゲトゲがある」「長い脚」「牙がある」など自分たちが調べて見つけた内容も書き込まれていました。

年長さんは廃材・素材そのものが用意されており、全てを自分の手で形にしていきます。

細かなところまで観察し、どのような廃材で作っていこうかなど考えながら作っていきます。

過去には、魚のヌメヌメ間をサランラップで再現したり、タコのクネクネな足を針金に楕円形の梱包材を刺していったり…自分たちで考えた工夫が見られる作品がたくさんあります。

今年はどのような工夫が見られるか楽しみです。

今は調べて、しっかりイメージを膨らませている段階です。

戸外遊びでは砂場の“川づくり”が人気です!

パイプを使って端を作ったり(乗ったら割れそうだな…と心の中で思いながらも面白いアイデアだと感じました)、異年齢で同じものを力を合わせて作ったり…と掘っては水を流したり、パイプで水の流れる道を作ったり…みんなで楽しむ姿が出てきました。日々試行錯誤し変わっていく形が面白いです。

自分の物だけでなく、“お友だちの分”もお片付けを頑張ってくれる姿も目にするようになってきましたよ。

年長さんが遊んでいることに興味を示し、近づいてくる年少さんに対し優しく遊び方を教える年長さんの姿があり、一緒に遊ぶ姿があります。このように異年齢の交流が増えていくのですね。

今週出したクリスマスの飾りに大興奮の子どもたち!『あ!サンタさんいた!』『キラキラの星見つけた!』『もうクリスマスか~!!』と今からクリスマスを楽しみにしている子どもたちでした。

11月の様子①

一気に秋めいて、園庭の木々も色づき始めました。

肌寒い日もありますが、子どもたちは園庭で元気に過ごす姿があります。

最近の子どもたちの様子をお伝えします。

年少さんは3~4人の少グループで

遊ぶ姿が見られるようになってきました。

砂場で山づくりなど“友だちと”という姿が見えるようになってきました。

年中さんも以前に増してお友だちと関わり遊ぶ姿が

増えてきました。

鬼ごっこも人気で、鬼側と逃げる側を決めるものの

最終担任が一人鬼になっていることもしばしば…。

子どもたちは走るのがとても速く

大人がヘロヘロになるほどです。

運動会を経て、子どもたちは走るのが

速くなったな~と感じています。

年長さんはお泊り保育一色でしたが、その合間も

園庭でしっかり遊び込んでいました。

自分の縄跳びを杭に結び

セルフ大縄跳びを作っていました。

「♪上か下か真ん中か」という縄跳び遊びも

楽しんでいました。

縄の下ギリギリを通っている姿は

見ている側も楽しかったです。

どの学年にも人気なのが『大縄跳び』です!

年長さんが跳ぶ姿を見て年少・年中さんも刺激を受け「跳んでみようかな?」とチャレンジする姿がよく見られます。子どもたちの順応する力は計り知れず、さっきよりも今、昨日よりも今日…と跳び方が上手になったり、跳ぶ回数が増えたりしています。

自然と刺激し合えて、お互いを高め合える環境はとてもいいですね!

お泊り保育(ゆり・ふじ組)

お泊り保育をとっても楽しみにしていたゆり・ふじさん。

朝から気持ち高らかに登園してきました。

この日の為に沢山準備してきた子どもたち。

各クラス3~4人のグループに分かれていて、各々自分たちで何ができるかを考えて、準備してきました。

どちらのクラスも『バスの中でクイズ』を考えたグループがいて、野外活動センター行きのバスはとっても賑やかな空間となっていたようです。

野外活動センターに着くと、皆楽しみにしていたお弁当タイム!

お弁当を準備する中、「ここで食べよう!」「見て~みかん入ってる!」「早く食べたい!」と

嬉しさを伝え合っていました。

『いただきます』も子どもたちでしてくれました。

お弁当はもちろん楽しみにしていた子どもたちですが「焼き芋も早く食べた~い」と

焼き芋も楽しみにしている様子でした。

お腹いっぱい食べた後は、山あそびへ出発です!

木々の間にロープを張り巡らし、アスレチック広場が出来ていました!

ハンモック・ターザンロープ・ロープぶら下がり・坂上がり・梯子のぼり・ブランコ・綱渡り…などたくさんの

動きがあり、それを目にした子どもたちはどれから遊ぼうかワクワク感があふれていました。

どちらもバランスのいる遊び!さすが年長さんですね!

逆上がりは登り切った後の下る道のりもなかなか難しかったのですが上手に降りていました。

ターザンロープは『ゆるゆるコース』『ドキドキコース』の二種類がありドキドキコースはスピードがかなり出るのですが、しっかりロープを握り、スリルを楽しんでいました。

そして待ちに待った焼き芋の時間!

一気に食べるのはもったいない感じで、少しずつ味わって食べる子どもたちでした。

そして、みんなで『サナギ粉+小麦粉+水』で川魚を獲る餌づくりをし、セルビンの中に入れ川に仕掛けました。

周りを散策した後、仕掛けたセルビンを見に行きました。

保育者が川まで取りに行き、まだ見えてないのにも関わらず

「やった~!!!いっぱい獲れた~!」と歓喜していた子どもたち!見えてか見えてなかったかはわかりませんが

本当に大漁でした!!!

みんなが作ったサナギ粉の餌が美味しかったのでしょうね!

大きい魚が獲れたこともとっても嬉しそうでした。

獲れた川魚は水槽に入れ、園まで大事に持って帰りました。

「明日も行けるんだよね?」と野外活動センターでの遊びに

大満足した子どもたちでした!

バスで園に帰り夕食の準備です。

ここでもグループで決めた『椅子を並べる』『仕切りを立てる』などの

活動を頑張ってくれたおかげで〝 ひよしレストラン 〟の準備が

整いました。

夕食のメニューは唐揚げ・ハンバーグ・マカロニサラダ…など子どもたちが選んだメニューで

たくさんおかわりしていた子どもたちでした。

食後も『お皿を洗う』『机を拭く』など子どもたちで声を掛け合い活動を行えていました。

そして、お楽しみタイム!『宝探し』『園内探検』を楽しみました。

夜の幼稚園はいつもと違った雰囲気で、子どもたち怖がることなく好奇心で前に進んでいたようです。

宝探しでは、グループ毎に宝箱と鍵をセットで作っていたようで、鍵を交換し合い、その鍵にあう宝箱を探し合ったようです。

「見つけた~!」と開けてみると中にはビーズで作ったアクセサリーや王冠や剣など

子どもたち手作りのお宝が入っており、大興奮の子どもたちでした!

楽しい夜が更けていき、布団も子どもたちで協力して敷き、寝る準備ができました。

電気が消えても遅くまで子どもたちの喋り声がしていたようです。少し寂しくなり、涙する子どももいたようですが、お友だちが手を握ってくれたり、担任の腕枕で安心して眠りにつくことができたようですよ。

ーーー2日目ーーー

朝早く目覚めた子どもたちは朝から元気に「起きるよ~」と声をかけていました。

声を掛けられた側は少しボーっと目覚めるまで少し時間がかかっているようでした。

朝の身支度が完了したら〝エビカニクス〟の体操を行いました。

『体操の子ども先生』グループがあり、みんなの前で張り切って体操してくれました!

そして朝ごはん!

〝 ひよしレストラン〟に入るとパンの焼けている良い香りが広がっていて

「お腹すいた」「早く食べたい」と口々に席に着きました。

パン・ウインナー・スープなどおかわりをたくさんしてお腹いっぱいの子どもたちでした。

気持ちいい気候の中、『春日神社』までお散歩に出かけました。

春日神社ではどんぐり拾いを主に楽しみました。

最後はお泊り保育で使った場所をみんなでお掃除しました。

これもグループ毎に掃除場所を決め、掃除用具も自分たちで前日までに準備していました。

『お風呂』『プレイルーム(ひよしレストラン)』『体育館』など

納得いくまできれいに掃除してくれました。

最後はしおりにお泊り保育の思い出を絵描いたり、『片付け』や『着替えた後の服の始末』など

できたかな?と自分たちでチェックしました。

各自荷物整理を行い、大きな鞄とこの2日間のあらゆる経験と思い出を背負い子どもたちは帰っていきました。

このお泊り保育がとっても楽しかったようで『今日も泊まりたい!』と連泊希望の子どももいたようです。

お泊り保育を楽しむことはもちろんですが

『物の管理をする』『グループで決めたことを自分たちで気付き動く』

『グループで動けるようにお互いに意識し合う』など子どもたちが主体的に動けるように見守ってきました。

この2日間で子どもたちは色んなことを経験し、大きく成長して帰っていったと思います。