もちつき

いよいよ年末も押し迫ってきました。

気忙しいですね。

クリスマスとお正月が次々とやって来ます。

幼稚園の園庭でおもちつきをしました。

もち米を蒸す匂いにとても敏感に反応する子どもたち。

「なんか、いいにおいがするよ」

鼻をぴくぴくさせながら遊戯室をのぞいていきます。

園庭でおもちつき・ゆり組(年長)

「よいしょ!よいしょ!」と大きな掛け声が響きます。

うすからは湯気が昇っています。

おもちをまるめます・ばら組(年少)

好きな子どもは大きなおもち、苦手な子どもは小さなおもち。

自分で自分のことをはっきり申告して、おもちをもらいます。

何味にする?・たんぽぽ組(年中)

おもちを丸めたら味をつけてもらいます。

砂糖醤油、きなこと好きな味を選びます。どっちにしようか迷ったり、

違う味を食べ比べたり・・・。

行事の中で主体的に考えて、動くことを身につけています。

昨今、おもちを食べたことがない子どももいます。行事を通して、文化に

触れる機会にして欲しいと思っています。

おなかいっぱい食べました。美味しかったね。

お地蔵さまにまもられて・・・。